日本イスラーム研究所 Japan Islamic Research Institute


 Tafheemul Quran, Surah Al-Asr (103)

  

My Japanese Translation of Surah Al-Asr (103) & Its Tafseer 

Mostly based on  6-Volume Tafheemul Quran of Maulana Maududi 

103. 時代 (アル・アスル

慈悲(じひ)深い(ぶかい)何回(なんかい)何回(なんかい)無限(むげん)慈悲(じひ)下さる(くださる)アッラー(あっらー)御名(みな)において(始めます(はじめます))。

 

وَالْعَصْرِ {1}

إِنَّ الْإِنْسَانَ لَفِي خُسْرٍ {2}

إِلَّا الَّذِينَ آمَنُوا وَعَمِلُوا الصَّالِحَاتِ

 وَتَوَاصَوْا بِالْحَقِّ وَتَوَاصَوْا بِالصَّبْرِ {3}

時代(じだい)にかけて(誓う(ちかう)()。まことに、人間(にんげん)は,喪失(そうしつ)(なか)にいる。ただし、信仰(しんこう)して善行(ぜんこう)をなし、互いに(たがいに)語り合い,また忍耐(にんたい)勧めあう(すすめあう)(もの)たちは(べつ)である。

 

章の説明

 

このマッカ初期の啓示は,真理を受け入れた者だけ成功するという,時間にかけた証言である。前章では人生の真の目的から迷い去って,財の蓄積に終始する者に対する警告であったが,ここでは時間を通じ歴史の証明するように,信仰して純潔な生活を営み,努力し忍耐することを知る者には,時間はつねに恵みをもたらすとの教えである。 ウマル(うまる)三田(みた)了一(りょういち)解説(かいせつ)

内容とテーマ:

この短い章の中で大きいな本でも詳しく説明できないほど大事な内容を含まれています。ここで人間の幸福と不幸の道をはっきりとして伝われています。この章の内容を深く理解した場合は、人間の導きと幸せのためにこれだけが充分です、とイマム・シャファイが皆納得が得られるような表現をしています。預言者モハッマド(彼に平安があれ)の仲間たちがお互いに会った時には、この章をお互いに読んで聞いて貰わないまで別れなかった。(チブラニ)。

解説1:この章では、時代にかけて誓っているのは何かと言うと、それは人間が喪失していることを歴史の流れであらゆる全ての時代で証明されているという事です。その流れに例外として乗っていないのが、四つの性質を持っている人人だけです。その第一は信仰、第二は善行、第三と第四はお互い正し道と忍耐の事を語り合う性質です。これらの性質の事が一つ一つ詳しく理解しなければこの聖クルアーンで言われている言葉の真実性を把握できない。


 Tafheemul Quran, Surah Al-Humza (104)

 

My Japanese Translation of Surah Al-Humza (104) & Its Tafseer 

Mostly based on Tafheemul Quran

 

 

 

104. アル・フマザ章

慈悲(じひ)深い(ぶかい)何回(なんかい)何回(なんかい)無限(むげん)慈悲(じひ)下さる(くださる)アッラー(あっらー)御名(みな)において(始めます(はじめます)

وَيْلٌ لِكُلِّ هُمَزَةٍ لُمَزَةٍ {1}

الَّذِي جَمَعَ مَالًا وَعَدَّدَهُ {2}

يَحْسَبُ أَنَّ مَالَهُ أَخْلَدَهُ {3}

كَلَّا ۖ لَيُنْبَذَنَّ فِي الْحُطَمَةِ {4}

وَمَا أَدْرَاكَ مَا الْحُطَمَةُ {5}

نَارُ اللَّهِ الْمُوقَدَةُ {6}

الَّتِي تَطَّلِعُ عَلَى الْأَفْئِدَةِ {7}

إِنَّهَا عَلَيْهِمْ مُؤْصَدَةٌ {8}

فِي عَمَدٍ مُمَدَّدَةٍ {9}

災い(わざわい)あれ、当人(とうにん)(まえ)(かれ)対して(たいして)中傷(ちゅうしょう)をする(もの)と、当人(とうにん)がいない(とき)にかれに対して(たいして)陰口(かげぐち)をいう(もの)すべてに。それは(ざい)集め(あつめ)、それをずっと増やして(ふやして)いく勘定(かんじょう)夢中(むちゅう)になる(もの)(かれ)は、(おのれ)(ざい)(おのれ)永久(えいきゅう)生かして(いかして)くれると勝手(かって)思って(おもって)いるのである。決して(けっして)そうではない。かれは必ず(かならず)粉砕(ふんさい)する()(なか)に,投げ込まれる(なげこまれる)。また、あなたは粉砕(ふんさい)する()(なん)だろか、という(こと)分かって(わかって)いますか。(それは)ぼうぼうと燃えて(もえて)いるアッラー(あっらー)()心臓(しんぞう)まで焼き尽し(やきつくし),(彼ら(かれら)入れられて(いれられて)からその地獄(じごく)は、)かれらの頭上(ずじょう)完全(かんぜん)覆い被される(おおいかぶされる)のである。(彼ら(かれら)は)かなり長い(ながい)()列柱(れっちゅう)(なか)に(囲まれて(かこまれて)いるのである。)

 

()説明(せつめい)

 

本章(ほんしょう)前章(ぜんしょう)場合(ばあい)とは正反対(せいはんたい)に,永遠(えいえん)善事(ぜんじ)のために協力(きょうりょく)する代りに(かわりに)蓄財(ちくざい)専念(せんねん)し,また真理(しんり)命じる(めいじる)代りに(かわりに)他人(たにん)中傷(ちゅうしょう)して不当(ふとう)損傷(そんしょう)する(もの)対する(たいする)警告(けいこく)マッカ(まっか)最初期(さいしょき)啓示(けいじ)である。 ウマル(うまる)三田(みた)了一(りょういち)解説(かいせつ)

 

 この(しょう)第一(だいいち)は、(かね)設け(もうけ)夢中(むちゅう)になった、がめつい、欲深い(よくふかい)方々(かたがた)三つ(みつ)特徴(とくちょう)指摘(してき)されている。それの第一(だいいち)は、そういう人間(にんげん)考え方(かんがえかた)である・それの発想(はっそう)はこの(しょう)第三節(だいさんせつ)(おっしゃ)られているように、(かね)永久(えいきゅう)(やく)立つ(たつ)(もの)だろう、と思って(おもって)いる考え方(かんがえかた)である。

 

だから、そういう人間(にんげん)第二(だいに)特徴(とくちょう)は、第二節(だいにせつ)言って(いって)いるとりに、自分(じぶん)生きて(いきて)いる目的(もくてき)金儲け(かねもうけ)だけだと思って(おもって)いることです。だから、そうい(ひと)は、毎日(まいにち)(あさ)から(ばん)まで一生懸命(いっしょうけんめい)働いた(はたらいた)結果(けっか)として、(ざい)毎日(まいにち)どのぐらい増えた(ふえた)かの事で、何回(なんかい)何回(なんかい)もその増えた(ふえた)(ぶん)計算(けいさん)夢中(むちゅう)なっている。

 

そういう(かた)第三(だいさん)特徴(とくちょう)は、第一節(だいいちせつ)指摘(してき)されているように、自分(じぶん)自身(じしん)だけが金持ち(かねもち)だから自分だけが世の中(よのなか)一番(いちばん)偉い(えらい)(ほう)で、(ほか)のすべての皆さん(みなさん)悪い(わるい)下町(したまち)地位(ちい)方々(かたがた)だと思って(おもって)いる。それで(ひと)悪口(わるぐち)中傷(ちゅうしょう)だけがいつでも言う(いう)(くせ)になっている。それで、(ひと)(まえ)でも(うら)でもその(ひと)欠点(けってん)(こと)だけを喋って(しゃべって)いる。

どんな時代(じだい)でも(かね)欲深い(よくふかい)方々(かたがた)(うえ)述べた(のべた)ような特徴(とくちょう)持って(もって)いる。またそのまま豊か(ゆたか)暮らし(くらし)をしながら、静か(しずか)死んで(しんで)いくように見える(みえる)が、この(しょう)第二(だいに)には、4節(4せつ)から終わり(おわり)までに、そういう金持ち(かねもち)欲深い(よくふかい)がめつい方の最後はそう簡単に終わらない、という事を教えています。

 

この()ではそういう(ひと)金持ち(かねもち)成功者(せいこうしゃ)見える(みえる)。けれども、あの()では凄い(すごい)()焼かれて(やかれて)、どれほど酷い(ひどい)(ばつ)受ける(うける)かの(こと)詳しく(くわしく)述べられて(のべられて)いる。フセイーン(ふせいん)ハーン(はーん)解説(かいせつ)